現在の就職戦線について

日本ではここ20年、就職戦線は常に氷河期という言葉とセットで使われてきました。 1980年代後半から90年代はじめにかけて、いわゆるバブル景気の頃には未曾有の好景気の影響から求人も非常に盛んで、仕事がたくさんあるために人を雇っても雇っても足りないという状況にありました。 大学を卒業すればある程度希望する企業に就職することができましたし、優秀な人材はいくつもの大企業から引っ張りだこの状態で、企業は優秀な人材を確保するために囲い込みを行い、他の企業と接触させないように拘束旅行と呼ばれる海外旅行に連れて行くことも行われていました。

その後、バブル経済が崩壊して契機は一気に冷え込み、就職戦線も同時に冷え込むことになります。 企業活動が落ち込む一方にもかかわらずバブル期に大量に入社した若い社員が大量に企業に残ったことでコスト全体に占める人件費の割合が膨れ上がり、企業はどんどんと新卒の採用を控えるようになりました。 この時代が本当の意味での就職氷河期とも言える時代です。 では、現在は本当に就職氷河期なのでしょうか。 この点についてはいろいろな説がありますが、多くの専門家は氷河期ではないという認識を示しています。

その理由の一つは学生の有効求人倍率と内定率の数字です。 現在の大卒者の有効求人倍率は1.3倍程度です。 さすがにバブル期における大卒者の有効求人倍率は3倍に迫るものがあり、それと比較すれば厳しい就職活動といえるのかもしれませんが、本当の意味で氷河期であった2000年には0.99倍とはじめて1倍を割り込んでいます。 また大卒者の内定率についても、一番厳しかった2000年には91%であったものが2013年には94%まで回復しています。 そうなると、現在が決して氷河期とは言い切れないと判断されるのも当然かもしれません。 それにもかかわらず、現在でも就職氷河期と言われるのは何故なのでしょうか。 1つの理由として、すでに学生の中に「就職=厳しい」というイメージが強くなってしまっていることがあるでしょう。 これに加えて、リクルーターとして会う先輩たちが本当の意味で就職氷河期を経験しているので、その経験を伝えられることで余計にそのイメージが強くなってしまっているのでしょう。

また、以前と比べて大学生の数が増えているという現実もあります。 たとえば、バブル景気の日本における大学進学率は3割に満たないものでしたが、現在では5割を大きく超えています。 つまり、誰でも大学に通うようになったことで大学生の学力レベルが相対的に下がってしまったということも就職が厳しい一つの要因になっていると言えます。 実際問題、現在でも優秀な人材は企業にとって宝であり、どこも欲しがっています。 その一方で大学時代にあまり勉強をしなかったような学生が就職に苦労しているわけで、決して学生のすべてが就職で苦労しているわけではないのです。

しかし就職氷河期でも、アルバイトとして積極的に採用してくれる企業はいくつもあります。 働きたいと思える理想の企業は、アルバイトを続けながらじっくり探してみるのも一つの手。 毎月の生活費に苦しんでいると、就職先選びでどこか妥協してしまうものです。 お金のことで悩みたくないからアルバイトは高収入!という方専用の求人サイトをチェックしてください。 不景気でも潤っているこの業界なら、くいっぱぐれの心配は無用です。 高収入にこだわる方専用の求人サイトだから、納得のいく好条件の求人に出会えるはずです。

「風俗」と一口に言っても、最近では様々な職種があります。中には風俗なのに男性に裸を見せたりしなくても良い種類もあるんですよ。性病の心配が怖い、男性に触られるのに抵抗がある、という方でも、回春マッサージやオナクラであれば受けのサービスではないし、自分も脱がなくて良いので安心です。 私が一番驚いたのは「アリバイ対策あり」というシステムです。これは家族や恋人に風俗店で働いているのを知られたくない女の子のために、給与明細をそれっぽい法人名義で出してくれたり、電話番号を別回線で儲けて、緊急でお店に電話をかけてきてもまるで普通の昼間の会社であるかのように装ってくれるサービスです。どこまで女の子のためにそうしたケアをしてくれるかはお店次第ですが。。。働いた分をしっかり稼げる風俗アルバイトの店舗であれば、働く女の子の事を親身に考えてくれてるのでしょう。この他にも個室待機や生理休暇など、この業種ならではのオプションがついている所が多いです。よく稼げる人なら月100万ほど稼ぐそうですよ。また、ホテヘルやソープなど、直接お客さんにサービスする仕事もあれば、プロダクションといってAV女優のお仕事も、こうした求人サイトで募集しています。 容姿に関して自信がなくても、性癖は人の数だけあるものなので、サクっと稼ぎたいと考えているのであれば借金などより面倒がありません。一度サイトを見るだけでも人生経験として勉強になるでしょう。